支払いの義務

さゆるたゆると綴るブログ > 金融 > 支払いの義務

支払いの義務

2014年10月 2日(木曜日) テーマ:金融

破産を検討する人で抱えるローンに関して保証人となる人物がいるときには早い段階で相談をしておいたほうがいいでしょう。

 

さらに、強調させていただきますが、保証人となる人物を立てている場合は破産申告の前段階に少し検討しなければなりません。

 

なぜならばあなた自身が破産手続きを取って受理されるとその人たちがみなさんの債務をまとめてかぶる義務が生じるからです。

 

ということから、自己破産手続きの前段階に保証人である人に、至った内容や現状について報告し謝罪の一つも述べなければいけないでしょう。

 

これらのことは保証人になるひとからすれば不可欠なことです。

 

負債者のあなたが破産手続きを取るために、自動的に膨大な債務がふりかかってくるのです。

 

そうして、それからの保証人である人の取れる手順は4つになります。

 

一つめは、保証人自身が「いっさいを返金する」ことです。

 

保証人である人がそれら何百万ものカネを簡単に返済できるといったようなカネを用意していればこれができるでしょう。

 

でもむしろ自分で破産申告せず保証人自身にお金を貸してもらって自分は保証人に返済するという解決策もあるのではないかと思います。

 

保証してくれる人が破産を検討している人と良い関係にある場合などはいくらか弁済期間を考慮してもらうことも不可能ではないかもしれません。

 

たとえまとめて弁済不可能な場合でも、貸金業者も話し合えば分割での返金に応じるかもしれません。

 

保証人にも債務整理を実行されると、貸したお金がまったく戻ってこないことになってしまうからです。

 

また保証人があなたのカネを全額まかなう財力がない場合は借金しているあなたと同様にどれかの借金を整理することを選ばなければなりません。

 

続いては「任意整理をする」処理です。

 

この手順では債権者側と話し合うことで、数年の期日で弁済していく感じになります。

 

弁護士などに依頼するときのかかる経費は債権1件につきおよそ4万円。

 

7社から債務があるなら約28万円かかることになります。

 

当然貸方との話し合いは自分でやることもできないことはないですが、法的な経験と知識がない方の場合相手側があなたにとってデメリットの多い提案を提示してくるので、注意する必要があります。

 

また、任意整理してもらうとしたとしてもその保証人に借金を立て替えてもらうことになるわけですから、借金をしたあなたは長くかかるとしても保証人になってくれた人に返済を続けていく必要があるでしょう。

 

3つめですが保証人である人も借金した人と同様に「自己破産を申し立てる」という選択です。

 

その保証人も借金した人と同様に自己破産を申し立てれば、あなたの保証人の借金もチャラになります。

 

ただし、保証人である人がマンション等を所有している場合は所有する資産を没収されますし、法令で資格制限のある職についているのであれば影響が出ることは必須です。

 

そのような場合、個人再生を利用するといいでしょう。

 

では4つめですが、「個人再生制度を使う」ことです。

 

土地建物等を残したまま負債の整理をする場合や自己破産手続きでは資格制限に触れる仕事についている方に利用できるのが個人再生による整理です。

 

この方法なら自分の家は処分する必要はありませんし破産手続きのような職種にかかる制限、資格制限が何もありません。

 



関連記事

支払いの義務

支払いの義務

2014年10月 2日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)